仔猫ちゃん

昨年一年間のほどんど学校に行かなかった娘(次女)ですが、新年度になり行ったり行かなかったりしていました。

小学3年~4年の時の2年間、苦痛を感じながら通っていました。四角い箱に入れられたように感じていた2年間は、なかなか気分をかえられないままでしたが、それでもよく頑張って通ったなあと思っています。そのときは後になって学校に行かなくなるとは全く思っていなかったのですが、6年生になるとフラッシュバックしたように感じたのか、結局学校に行かなくなりました。

学校という枠にしばられずに、自分の居場所さえあればと思って他の場所を探したり、見学したりをしていましたが、なかなかそれもかなわないまま、月日をすごしました。

小学3年~6年までの間に娘が訴えていたことは、今の大人社会の矛盾や、長いものに巻かれろという状態を突いているようなもので、私自身とても考えさせられた4年間でした。

現在は娘にとって、とても温かい環境となり、少しずつ学校という社会生活に慣れてきていて、心もだいぶ強くなってはきていました。

しかし、もう傷つきたくないからと心にふたをしているような様子もあり、何か方法はないかなあと思っていた時に、カウンセラーの方からペットセラピーの話を伺いました。それは重度のうつ状態で働くこともできない状態だったカウンセラーさんの親族の方が、猫を飼うことで少しずつ心が回復し、結果数年後には社会復帰することができたというお話でした。

「ペットセラピーはそんなにすごい効果がでることがあるんだー」ととてもびっくりし、もしかしたらよいのかも、、、とペットを飼うのを検討していました。

先週2日連続して学校をお休みしている様子をみて、ペットショップに見に行くのを提案してみたら、すぐにYESの返事。早速近くのペットショップに向かいました。近くといっても1時間近くかかりますが・・・。

ペットを飼うのを検討するにあたり子供たちにどんな動物が良い?と尋ねており、二人とも口をそろえて犬を飼いたいと言っていました。

次女と二人で行ったペットショップの店内を最初は一緒に、次第にそれぞれで見て回りました。しばらくすると娘が、「犬じゃなくてめっちゃ可愛い猫みつけたー」と言ってきました。一緒に見に行くと真っ白のかわいい仔猫。娘はこの子猫に一目ぼれしたようです。

真っ白のメスの生後2か月の仔猫。

ペットショップ側の準備も終わり、25日にお迎えに行ってきて我が家の一員となりました。

わずか数日で娘の心のケアに絶大な影響をしているのが見て取れます。そして、それは長女にも私自身にも。

ペットセラピー、本当にすごいなあと感じでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました